HOME

イベント情報

よくあるご質問

着付け教室

ごあいさつ
サイトマップ
リンク集
アクセスマップ
お問い合わせ

彦太郎のブログ「町屋だより」

きもの彦太郎は、着物・帯・和小物などを扱う群馬県高崎市の呉服店です。

よくあるご質問

*上の画像は彦太郎の商品です(牡丹柄/縮緬小紋)

袋帯(七野)/柄:柳

袋帯は二重太鼓や振袖の変り結びができ、礼装やパーティなど華やかなシーンの着物に合わせるものが多いです。
金糸や金箔などを使っている帯はフォーマル向き、染めやざっくりした織りのものは紬や小紋などの普段の着物にも合わせることができます。
名古屋帯は一重太鼓や角だし太鼓に結べて、柄によってはふだん着から附下げなどのフォーマル着物に合わせることができるものもあります。
お手持ちの帯をお持ちいただければ、ご相談に応じてアドバイスいたします。

 

手刺繍正絹半襟/柄:(左から)薔薇・楓・流水に桜持っておられるなら、着ないともったいないですよ。
でも、以前のままのコーディネイトでは満足がいかないと思います。
小物を替えて、現在の年齢や立場に応じたアレンジをすれば、若いときの着物でも自信を持って着ていただけると思いますよ。
刺繍の半衿や重ね衿の色や質感、帯締・帯揚などを替えてフォーマル感を出せば、若いころとは違う“美しさ”や“落ち着き”を感じさせる着こなしができるはずです。

 

彦太郎は着物・帯の丸洗いはもちろん、シミ抜き・染め替え・箔・刺繍加工などの特殊なお直しもできます。他店のものも、ご遠慮なくお持ちください。
仕立ても地元の信頼と経験のある技術の和裁師にお願いしています。絹物は頻繁に丸洗いをすると糸がやせたり、退色も進みやすくなります。着物の種類や着る頻度によりお手入れ方法・回数を考慮したほうが良いでしょう。
ご自分のワードローブを把握してその都度ご相談いただければ、的確なアドバイスをいたします。撥水やメンテナンス補償付の加工などを上手に利用しながら気軽に着物を楽しむこともできます。彦太郎では着こなしや、お手入れ方法、メイクやヘアなど、お洒落を楽しむ勉強会も開催しています。
ぜひ、ホームページのイベント情報もご覧ください。 >>イベント情報

 

帯留め/輪島塗・蒔絵・木彫彦太郎はその方のイメージと好み、用途を考えてじっくり
お見立てしたいと思っています。
一般的には無地などもお勧めですね。小紋でも、コーディネイトによってはレストランウェディングやパーティーなどシーンに合わせての小物選びで使い分けられる場合もあります。
友人との食事や小旅行等にはシンプルに着こなしたり、かわいらしく着こなしたり、季節の帯留等で遊びを表現することも楽しいです。
ご予算をご遠慮なくおっしゃってください。限りなくご希望に添うよう努力いたします。

 

お母様の着物をお召しになるなんて素適ですね。お母様と着る方の体型の違いがどれくらいかがポイントになります。身長差が少なければ着丈は着付で調整できますが、今の方は裄(ゆき)が長いので、裄丈だけ直すことも可能です。
他はシミやシワのチェックでしょうか。古いシミも専門家の技術で綺麗に取ることもできますが、多少のシミであれば、そのままでも大丈夫です。ありがたいことに、着てしまえば目立ちません。着物の状態や、お客様の用途に応じて判断するのが良いと思います。
お直し・シミ抜きなどのお見積もりの際は、着物をご持参いただき、一度お預かりする形となります。お見積もりは無料です。

 

私たちスタッフは、今までたくさんの下着を試してきました。しかし、自宅で洗えるものの多くは化繊ばかり。化繊だと、冬は寒くて静電気がおき、夏は通気性が悪く肌に張り付いてしまう・・・。
窮屈、熱い、着崩れる・・・という苦労を味わってきました。
でも、そんな悩みを全て解消した、おしゃれで美しいキモノランジェリーに出会ったのです。
「絹」という優れた「布」を纏うことの優しさとゆとりを実感していただけることでしょう。
また彦太郎では、一年中着物を着ているスタッフが厳選した、当店オリジナルの下着や長襦袢も取り扱えております。お気軽にご来店ください。

着物ランジェリー(sarasa de sarasa)

 

着ない着物や羽織は「布」を活かして、名古屋帯・コート・長襦袢のお袖・半衿へとリメイクできます。布の性質や柄を考えて作り直したものには、他にはない魅力と使いやすさがあります。
ぜひご相談ください。
※名古屋帯の仕立て直し代金:参考価格 25,000円~

 

PAGE TOP