HOME

イベント情報

よくあるご質問

着付け教室

ごあいさつ
サイトマップ
リンク集
アクセスマップ
お問い合わせ

彦太郎のブログ「町屋だより」

きもの彦太郎は、着物・帯・和小物などを扱う群馬県高崎市の呉服店です。

ごあいさつ

*上の画像は彦太郎の商品です(雪持千両柄/塩瀬名古屋帯)

彦太郎とは

昔、この通りは職人の町として栄えていました。
古くからあった町家が、呉服屋として残されています。

京都を思わせる気品のある町家と蔵が、
南銀座通りの中で歴史の重みを感じさせます。

創業者、宮崎彦太郎以来、
この地で次世代へ和の文化を伝えて行きたいという思いは変わりません。

彦太郎は、着物へのこだわりの思いが形になったお店です。
閑静な佇まいの町屋で
日本の文化に触れてみてはいかがでしょうか。

ご挨拶

今、日本人としての誇りを大切に生きたいと願う時代、
さりげなく本当の自分らしさを追求しながら送る日々。

日本の歴史や、着物文化への関心は深まりつつあります。

日常のなかの大切な時間に、思いを込めた一枚の布を まと う・・・
日本人の着物姿は、何処へ出かけてもその美しさはやすらぎとなり
新しい時代に伝統と文化を残します。

日本の伝統に育まれてきた着物には、
多くの創り手の祈りが込められています。
今という時代に合う色柄でありながら
いつの時代にも変わらず受け継がれる気品がある着物、
人の温もりを感じる着物をご提案してゆきたいと思います。

スタッフ全員が想いをひとつに
着物を着るよろこびを
お客様とともに感じてゆきたいと思っております。

彦太郎の暖簾をおくぐりいただき
「美しい時の流れる場所」で
「きもの」との出会いをお楽しみください。


PAGE TOP